女性がウエイトトレーニングに関心を向けていただくようになったここ数年、特に注目をあびているのが「美尻トレーニング」です。

お尻に特化したトレーニングで、ヒップアップを含めた下半身のプロポーションの強化をはかります。

様々なトレーニングエクササイズや専用マシンなどを使い、専門のジムもあるくらいです。

 

お尻を中心とした下半身のトレーングは対象筋肉の面積が大きいので、しっかり鍛えると消費エネルギーも多い気なるので、ダイエットにも最適です。

 

ただ注意しないといけないのは、やみくもに流行りだからと言ってお尻のエクササイズを行うとかっこいいお尻どころかプロポーションを崩してしまいます。

その理由は、立った時の重心位置にあります。

立った時の重心位置が外側、つま先、やや小指側にある場合、トレーニングの負荷、この場合重量ですが、重さが体の外側にかかります。そうなるとお尻や下半身のトレーニングを行うと身体の外側が発達して、前からのプロポーションが外側に張り出した丸いフォルムになります。

 

まずは、重心位置、バランスの調整が必要です。自分の重心位置を確認してみましょう。(かかとを上げた時にどこで支えているかでわかります)

その後、スクワット動作を入れるなどエクササイズに入っていきます。スクワット動作をご参考にして下さい。

関連情報