早朝にワークアウトをしている方と、お昼、夕方、夜と行っている方と筋肥大効果を比較する事があります。

少なくても僕自身は早朝ワークアウト型です。早朝ワークアウトは、その他の時間帯と比較して寝起きに近く、栄養

(食事)の摂り方も特殊に感じます。(起きてすぐは固形物が食べられないなど)

果たしてそのような条件で筋肥大は可能なのでしょうか?

結論は「YES」です!

早朝ワークアウトのメリット、効果を見ていきましょう!

メリット)

①消費カロリーのアップ

代謝が上がり、血流が良くなり、消費カロリーが上がる。

②以後の仕事がはかどる。

血流が促進し、集中力がアップする。

③夜に熟睡しやすくなる。

 

デメリット

①ケガのリスクが高まる

関節の可動域や柔軟性を高めるウォーミングアップが重要。

②脱水症状になりやすい

睡眠中の水分喪失を補うように水分をしっかり摂る。

③午後に眠くなる。

負荷が高すぎると午後に眠くなる。

トレーニング強度と時間は、あまりトレーニング時間が長すぎると、ストレスホルモンの「コルチゾール」の分泌が促進し、筋分解を促進します。なので早朝トレの場合は、やや高重量、低、中レップでのトレーニングで短時間で終了するのが理想です。

栄養補給については、直前の食事よりは、前日の食事内容に気を付ける必要があります。

直前に固形物で摂れなければ、プロテイン等で補給します。前日の食事については、三大栄養素をバランスよく、特にたんぱく質の摂取を心がけましょう。

 

早朝でもそれ以外の時間でも、自分の感覚がそれに合っていれば、効果には大きく影響しないと思います。

継続、習慣化し、疲労をためない様にワークアウトしましょう!

 

関連情報